2014年04月05日

笑っていいとも!グランドフィナーレ感謝の超特大号

笑っていいとも!グランドフィナーレ感謝の超特大号。

まずはタモリさん、32年間本当にお疲れ様でした。

そしてタモリさん、この人の空気を読む能力が、
ハンパ無いことをあらためて思い知りました。

こんなにも、もれなくその場のリアルな空気を読める人を私は知りません。

いや、読んでいるのではなく、肯定していると言った方が正確なのでしょうか。

その場の空気を楽しんでいる、とでも言ったらいいのでしょうか。

とにかく、ふところが深いのです。

なにが起こってもこの人はOKなのです。

そのままありのままを楽しんでしまうのです。

場が、変な空気になってしまっても、
それはそれでありなんですね。

あわてて修復しようとしない。

否定しない。

突っ込みと否定は違うんですね。

突っ込むけど肯定しているのです。

楽しんでいるのです。

さんま、ダウンタウン、ウッチャンナンチャン、とんねるず、
爆笑問題、ナインティナインが一同に会しました。
(これもすごいことです。)

さすが皆さん、それぞれありえないほど面白い。

その中でタモリさんは、
面白いとか面白くないとかを超えてそこにいるのです。

この独特の存在感。

相手が、何を言っても何をやっても、
その場が寒くも痛くもならない・・・

すべってもOKというあの安心感。

変な空気になってもそれがそのまま昇華されてしまうあの感じは、
タモリさん独特のものだと思うのです。

たぶん苦手な人がいないのでしょう。

いや、苦手な人を楽しんでしまうのでしょう。

苦手な自分を楽しんでいるのでしょう。

変な空気、さむい空気を楽しんでしまうから、
観ている方は、なんだかとても安心して観ていられるのでしょう。

そう、安心感なのです。

タモリさんを観ると安心するのです。

まさに、お昼のひと時を、ほっとさせてくれる存在。

「ああ、タモさんだ」

「ほっ」




面白&衝撃&お宝&流出動画・雑学・ネタ・芸能・エンタメ・最新ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/393806054

この記事へのトラックバック
カスタム検索