2013年08月30日

「気配」の正体は電気だった

自分の後ろに人がいると、
気配を感じることがあります。

見えていないし、音も匂いもしていないのに、
なんか感じるんですね。

何故なのでしょう?

実はこれ、
後ろにいる人の体の表面を覆っている電気を、
自分の体毛で感じ取っているらしいのです。

東京大学生産技術研究所によれば、
「体が動く時は脳から筋肉に信号が送られて筋肉が動きます。
この時弱い電気が発生して皮膚の表面にしみ出します。
これが「準静電界」です。
すべての生き物 は準静電界の膜で包まれています。
(中略)この変化を離れた人が感じると気配になります」
(2010年8月22日発行「朝日中学生ウィークリー」掲載
「体包む『電界』動くと変化して伝わる」より)
とのこと。

ちゃんと科学的な根拠があったんですね。

では、誰もいないのに気配を感じることがあるのは何故?

霊感?

これもちゃんとした理由があるらしいです。

答えはこちら。
http://news.livedoor.com/article/detail/8003869/




面白&衝撃&お宝&流出動画・雑学・ネタ・芸能・エンタメ・最新ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
カスタム検索