2013年08月18日

がん放置療法の近藤誠医師 がん治療の無意味さを語る

独自の“がん思想”を綴った著作はどれもベストセラーになり、自身の外来にはがん患者が殺到する。慶應義塾大学病院放射線科の近藤誠医師はいま、がん治療に悩む日本中の患者を救う救世主となっている。「白い巨塔」で25年もの間、不遇をかこつ身である近藤氏は、なぜ信念を曲げずに闘い続けることができるのか。

「がんは放っておいていい」「抗がん剤は効かない」「末期がんでも痛くない」などの主張で、がん治療の常識をことごとく覆してきた近藤氏。2012年12月に出した著書『医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法』(アスコム刊)は100万部に迫る大ベストセラーになっている。
モバイル用リンク↓
医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法

≪詳細≫
http://news.livedoor.com/article/detail/7959865/



面白&衝撃&お宝&流出動画・雑学・ネタ・芸能・エンタメ・最新ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
カスタム検索