2011年11月26日

ブスでもモテる方法 発想の転換


信じられないかもしれませんが、
ブスであっても、
男性からちやほやされ、イケメンをゲットし、
幸せな結婚をすることは可能です。

たしかに、現実問題として、
女性はその容姿で人生が大きく変わります。

仕事、恋愛、友人関係などなど、さまざまな場面において、
美人よりブスは損をしていることは、まず間違いないでしょう。

何故でしょう?

これは、ブスな女性に原因があるわけではありません。

実は、現在の社会が男性によって作られていることに原因があります。

男性の価値観が社会にしみこんでしまっているのです。

そして、知らず知らずのうちに、
その価値観を女性も受け入れてしまっているのです。

ですから、ブスがもてるようになる方法はただひとつ。

その価値観から抜け出て、新しい価値観を構築することです。

別の言い方をするなら、美人と同じ土俵で勝負しないということです。

美人と同じ土俵に上がるということは、
男性が作った社会に蔓延している男性の価値観に自分も染まる
ということです。

そこでの勝ち目はありません。

ブスなのですから。

ですから、その土俵とは違う土俵で勝負します。

具体的にには、美人の出来ないことをやるのです。

美人は、その恵まれた容姿ゆえに、内面を磨くということをやりません。

これは、まず間違いありません。

あなたも、うすうすお気づきだと思いますが、
話の面白い美人というのは、まずいないのです。

話が受けなくても男が寄ってくるからです。

ですから、あなたがまずやるべきことは、
男が寄ってくる話が出来るようになることです。

といっても、難しいことをする必要はありません。

具体的には、ズバリ、下ネタです。

すべての男は、基本的に下ネタが大好きです。

そして、女性から下ネタが出てくるのを、
自分からは遠慮して待っているのです。

男が自分から女性に下ネタを話すことは、
彼らにとって結構大きな冒険です。

下ネタを思いついて、喉まで出かかっていても、
怖くて言い出せません。

「これを言ったら引かれてしまうのでは?」
と心配になのです。

ですから、あなたの方から、言い出すのです。

私、下ネタOKよ、というわけです。

特に酒の席では、効果てきめんです。

距離感が一気に縮まり、あなたは彼から仲間として認識されます。



次は、男のこだわりを利用する方法です。

男は、必ず何かのマニアです。

女性に比べて、ひとつのことにこだわりやすい傾向にあります。

男性の脳がそのように出来ているのですね。

それは映画かもしれませんし、
音楽かもしれません。

考古学だったり、物理学や哲学だったりするかもしれません。

あるいは、鉄道かもしれません。

女性は、なんに対してもあまり深ボリしませんが、
彼らには、興味があることに対しては、
とことん突詰めてみないと気が済まない気質があるのです。

でも、男は、女性に対して、そのようなマニアックな話はしません。

やっぱり遠慮するのです。

そんな話をしても絶対盛り上がらないと思っています。

女性から出てくる「どうでもいい話」に適当に相槌をうつのが、
彼らの日常だったりします。

彼らは、それに慣れており、女性との会話なんて、
まあ、そんなものだと思っています。

マニアックな話をする美人・・・、
想像できます?

まず、いません。

いたら最強です。

美人とのデートを楽しいとか面白いと感じている男は、
ほとんどいません。

美人とは別の目的でデートしているのです。

もし、ゲットしたい男性がいるのであれば、
彼の話を真剣に聞いてみてください。

そして、趣味の合う男同士でしか話さない内容を引き出すことが出来れば、
彼の心はあなたのものです。



最後は、当たり前のことですが、
明るく元気で、それでいて、情の深い人間になること、
それを心がけることです。

昔から、女は愛嬌、男は度胸、などと言ったりします。

愛嬌のない女性は、美人でももてません。

そして、そんな美人はたくさんいます。

彼女らが、いつも独りでいるのは、ちゃんとした原因があるのです。

美人は近寄りがたいというのもありますが、
それだけではないのです。

美人には、自分は美人だという自覚があります。
(もちろん、表には出しません。)

ゆえに、愛嬌がなくても、情がなくても、
男が寄ってくると思い込んでいます。

たしかに、過去にはそんな経験もあったのでしょう。

でも、関係が長続きしないということからは、目を背けがちです。

なぜなら「私は美人」という思考が、
潜在的に根強いからです。

彼女らは、男性のために何かを努力するとか、
一歩踏み込むといったこととは無縁の人生を送ってきましたので、
どうしても内面的にうすっぺらになりがちなのです。

ですから、あなたのすべきことは、
自分を愛することです。

自分のことが好きな人間は周りから輝いて見えます。

当たり前ですよね。

自分のことが好きなのですから、
いつもニコニコしています。

自分のことを許せるのですから、
人のことも許せます。

自分の嫌なところを認め受け入れることが出来るのですから、
人のことも認め受け入れられます。



さて、ブスがもてる方法を3つご紹介しました。

下ネタが話せて、男の趣味を理解し、情のある女性。

そんな女性がもてないわけがないのです。



最後に、もう一言。

人には相性というものがあります。

この顔に引かれる、というのがあります。

それは、あなたにも経験があると思います。

当然、男にもそれはあります。

なぜだかあなたの顔に引かれてしまう男性は、
必ずいるのです。

出会いとは不思議なもので、
その男性は意外とあなたの身近にいるかもしれません。

もし、どうしても出会いがないということなら、
こういったサービスも意外と利用できます。
(たしかライブドアの運営だったと思います。)

どうぞ素敵な恋愛をなさってください。

≪参考記事≫
http://magazine.gow.asia/love/column_details.php?column_uid=00000460



面白&衝撃&お宝&流出動画・雑学・ネタ・芸能・エンタメ・最新ニュース
posted by ama at 09:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 出会い・恋愛・結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
カスタム検索